FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼロエネ住宅は本当のエコ住宅といえるのか?②

 みなさんこんにちは、木村です(^^)/

前回に続き、ゼロエネについて記載したいと思います。

今回は、「省エネルギーな家の大前提とは!」


 お客様からよく、「太陽光設備をつけるか」、「断熱材のグレードを上げるか」どちらが良いのか?とよく聞かれます。

 考え方はわかるのですが、そもそも比較している対象の性質が違います。
太陽光は発電させるための「設備」、断熱材は躯体性能を上げるための「建物」に付随するものです。

 「設備」とは、太陽光パネル
、蓄電池、省エネ家電、LED照明、床暖房、給湯器など。

 「建物」とは、柱、梁、壁、窓、ドア、屋根、床、基礎など。
 断熱材は壁や屋根を構成する重要な建材であり、家の快適性を向上させるなくてはならないものです。

 「設備」と「建物」の耐用年数は違います。

 設備の耐用年数はモノにもよりますが、10年20年の世界です。
設備は壊れたら取り換えもできますし、常に進化しています。
普及すればするほど進化した最新設備を安く手に入れることができます。

例えば、太陽光設備はこの5年程度で3割以上価格が下がりました。

 一方、「建物」はしっかり作れば、60年以上もちます。
一度作れば簡単に取り換えができません。

 後から、その建物に手を加えようとするとかなりの金額がかかります。

例えば、建築時に断熱材のグレードを上げるのは、数十万円のコストアップですが、
数年後に家ごと断熱リフォームをしようと思ったら数百万かかります。

 どんなに、太陽光でエネルギーを創っても、建物の断熱性能(気密も大事)が悪くて、エネルギーが漏れてばっかり(熱損失が多い)いるのであれば、省エネ住宅とは言えません。

 しかも、日本の建物の断熱性能は、先進各国と比較して決して良いとは言えないのです。

お客様には、「後か変えれないところからしっかりお金をかけましょう。予算に余裕があったら、設備を充実させましょう」と言っています。

 まずは、住宅そのものの省エネ化(高性能な断熱材と気密化)がしっかり出来ているのか、からです!

 断熱材の性能を高くしたり、窓には高性能断熱サッシ、ドアは断熱ドア、屋根や基礎の断熱もしっかりやる。

こうすると、建物の断熱性能が高まり、少ないエネルギーでも家全体を快適に暮らすことができます。

 さらに、軒を出して夏の日射を遮ったり、窓位置を工夫して通風を考えたりといった、設備機器に頼らない「パッシブ設計」といった、手法もあります。

 まず、大前提はこっちの「建物の高性能化」だと思います。

設備だけに頼る家づくりにならないようにしてもらいたいなと思う次第です。

 今回は以上です。

今後も、お伝えしたいことを不定期に記載していきます!

 では、みなさん風邪ひかれないようにご自愛ください!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。