FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

健康と断熱(新建ハウジングより抜粋)H29.7.15

  こんにちは、木村です(^^)/
 
 本日7月15日16日、当社モデルハウスのグランドオープンです!
 グランドオープン後は常時見学可能ですので、お時間ある方は是非、見学にいらしてください。
 
 さて、本日は断熱と健康に対する社会的な認知度をご紹介します。

 対象者:2017年6月1日~5日に調査、27歳~65歳既婚男女の522人(内持ち家層466人)
 2年後までにリフォームの計画がある。
 ※直近の調査対象者のみを紹介。

 まずは下記データをご覧ください。

【住宅の寒さが健康に悪いことを知っているか?】
■知っていた:19.6%、聞いたことはあるが詳しくは知らない:50%

【断熱リフォームの動機は?】
■冬の寒さの解消:63.7%
■冷暖房費の削減:62.7%
■結露の解消:45.4%
■ヒートショック(室内寒暖差)の解消:38.1%
■カビ発生の抑制:34.7%

20170714145710_00001-1.jpg

 
  みなさん、省エネ基準法をご存じですか?現行の省エネ基準は平成11年に施行されました。
  
 今年は平成29年です18年前に作られた基準を一応2020年に義務化されると言われています。
 日本の家づくりは諸外国と比較しまだまだレベルが低いです。

 そのレベルの低さがデータに現れていると思いますが!

家を建てた後にわざわざ断熱改修をしなければいけないレベルです。  
  ※現行の省エネ基準の断熱性能レベルを満たす住宅でもストック全体の5%程度と見られています
  (国土交通省による推計) 
 
 家を建てた後に、冬の寒さの解消、冷暖房費の削減、結露の解消、ヒートショックの抑制 

カビ発生の抑制等を考えなければいけないストレスや経済的負担は計り知れません。

  また記事には、「断熱性能の低い住宅(寒い住宅)は、省エネの問題だけでなく、

 健康にも悪い影響を及ぼす」と。
 
 これまで行われた実験では、それを裏付ける結果がおおむね得られていると記載されています!

 みなさん、家を建てらえるとき、どうしても目に見える箇所だけに意識がいきがちですが、
 
 大事なのは中身です。壁の中です。目にみえるところに予算をとられ

 中身(壁の中)や気密等の機能を充実させなかった結果、データのような悩みが顕在化します。

  新築時に断熱・気密を充実させることは、もちろんコストもかかりますが

 後々断熱改修するコストを考慮すれば新築時にコストをかけたほうが賢い選択です!

 断熱改修は新築時のコストと比較すると3倍~4倍費用がかかるからです。
  
  また、気密性能に関しては、後々行おうと思ってでもほぼ不可能です。

家の隙間を無くす作業や工事はほぼほぼ新築時しかできないからです。
20170630100021_00001.jpg

 【断熱リフォームの実施予定】
 ■壁・天井などの断熱改修➡実施する予定:20.1%➡できれば実施したい:39.3%
  ※約60%の世帯が断熱改修を実施する可能性がある。
 
 ■窓の断熱改修➡実施する予定:26.6%➡できれば実施したい:37%
  ※約64%も世帯が窓断熱の改修を実施する可能性がある。

  アンケート対象者の60%以上の世帯が断熱改修工事を実施する可能性がある! 
 これだけの世帯が家に対し、「断熱性能を向上させないといけない」と感じている背景は、
  
  冬の寒さ、結露、ヒートショック、カビの発生、冷暖費の削減に対して深刻な悩みを

 もっている証拠だと思います。
 
  家の基本性能の一部である断熱と気密。建てた後に基本性能を充実させなければ

 いけないことほど無駄なことはないと思います。

  そのような背景から、住宅性能の表示制度及び認定制度の利用が増えつつあります。

  【認定・表示制度の利用意向は?】
  平均で70%以上の世帯が何らかの表示・認定制度利用を考えている。

  さまざまな認定制度がありますが、まずは自ら学び、住宅の性能とは何なのかを

 理解する必要があります。
 
 そんなに難しいことではありません。性能の高い住宅を提供している会社で教えてもらえれば
 
 簡単にポイントだけ教えていただけます。

  みなさん家づくりは2020年の省エネ義務化を起点に、まだまだ高性能化していきます。
 
 時代の波に乗り遅れないように、今から家づくりを考えている方はしっかり学ばれてください。  
  
将来の自分達とお子さんのために!

 それではまた不定期に更新しますm(__)m

  暑くなりましたので、みなさんお体、ご自愛ください!  

 
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。